補助錠のこと

あなたの家の玄関は補助錠ってついていますか?

玄関は家の中でも一番厳重にしておきたい箇所です。
鍵がひとつしかないと防犯的に心もとなさを感じます。

最近の防犯の常識は玄関には鍵を2つ以上つけることです。メインの主錠と補助錠をつけてワンドアツーロックにします。中にはスリーロックフォーロックと厳重に鍵を取付けている人もいるそうです。
また、勝手口も同じようにワンドアツーロックにしている家庭もあります。

鍵がふたつついていることで空き巣が侵入するのにかかる時間をかせぐことができます。二箇所ともロックされていたら作業が面倒になるのでツーロックの玄関は空き巣は避ける傾向があると言われています。
しかし、ツーロックでも飾りになっていたら意味がありません。二箇所とも鍵がきちんとかかっていないということもあります。空き巣はそのことも知っていますので鍵がかかっているかどうかを確認します。
一箇所しか施錠されていなかったら開けようと試みる可能性があります。

二箇所ロックするのが面倒という場合、ワンアクションで二箇所の鍵を施錠できるタイプの鍵がおすすめです。
「ワンアクションツーロック玄関錠」などと呼ばれることがあります。メインの上の鍵を閉めるとそれに連動して補助錠も閉めてくれるというものです。

海外の鍵はこのタイプが一般的だそうです。